<豊洲・東雲・有明版>

豊洲・東雲・有明エリアのスクール・習い事・体験教室や、イベント情報などを無料で掲載中!湾岸エリアの情報満載!

子どもの“地頭力”を伸ばす!
夢中になる授業、講談社こども教室
~前半:幼児教室編~


こんにちは!東雲在住の、ゆりです。
早いもので新緑の季節。2歳の娘も、来年はもう幼稚園に通っているのかな…。
今までの育児は、公園に行ったり、テレビを見せたり…と、なんとなく毎日を過ごしてきましたが、社会への一歩を踏み出す時期が近づき、
そろそろ【どういう子に育ってほしいか】という家庭内の方針も、考えなくては…という気持ちが湧いてきました。

夫と初めて!?「娘に身に付けてほしい力」について話し合ったところ、
・発信力、表現力
・諦めない力
・ロジカルシンキング
…など、母親自身がどのようにして学ばせたら良いのか、少し悩ましいスキルも挙がってきました。

そんな折、家の近くにある「講談社こども教室 東雲教室」の前を通りがかった時、新規生徒募集中のチラシをもらいました。
そこには “地頭力・人間力重視のカリキュラムと環境を提供しています!” という旨の内容が!
今まで、こういった幼児教室って、例えば都道府県の場所を覚えたり、難しい四字熟語を学んだり…するイメージが個人的に強かったのですが…
思考力や表現力など、いわゆる【頭の基礎体力】を伸ばすことを重視している教室って、どんなことをするのだろう?
と興味がわき、体験に行ってまいりました!!

東雲キャナルコートの、S字アベニュー内にあります!

講談社こども教室の <目を引く!ポイント>は…

(1)少人数制!1人1人に向き合って、たくさんの頭を使う質問をしてくれる!
2歳の、ようやく日本語が文になってきた娘にも「何の形?」「1番前にいる動物は何?」「なんて鳴くの?」等たくさんの質問を投げかけてくれました。
家では、答えられそうなことしか質問してこなかった私。子供の可能性を狭めず、できる・できないに関わらずたくさんのチャンスを与えて下さいました。
最大5人までという少人数制の教室では、カリキュラムを淡々と進めるのではなく、1人1人のペースを見ながら展開してくれていました。

(2)他の生徒さんとの関わり合いが、想像以上の影響を受ける!
少人数ではあるけれど、近い月齢のお友達と一緒に授業を受けるということは、社会性を育む上で非常に有意義な時間だなと気づきました。
先生が生徒全員に向けた質問を、自ら進んで答えられる子。他の子がカリキュラムを終えるまで、座って待っていてくれる子。
他の生徒さんの長所がたくさん見えました。そんな生徒さんと一緒に過ごして、娘も普段できなかったことが、できるようになったり…と、
驚く場面もありました。詳しくは後述します。

少し早く到着した娘と、コミュニケーションを取ってくださった先生。
かものはしのクチバシは、大きいなぁ!

さて、今回は、1歳児からの幼児教育「すこやか」と、0歳からの英語・英会話教室「リトル」の2つ、体験させて頂きました!! 前半・後半に分けて、2回にわたって当日の模様をお伝えします。

すこやか(幼児教室)

まずは先生と一緒に、輪っかの中を「けん、ぱっ!けん、ぱっ!」
ジャンプしながら足を開く、という2つ同時に行う動作が子供には難しいようです。

次に、3枚1組の動物パズルで遊びます。バラバラのカードの中から、同じ動物の頭・胴体・おしりを見つけ出せるかな?

みんなすごい!普通にできている!!

娘も、少し手伝ってもらいながらカードを探し出し、完成させることができました!
実は家に似たようなカードがあるけれど、まだまだ娘にできるわけがないと思っていました。お友達が完成させているのを見て、やり方を学んだようです。
また、繰り返していくうちに要領をつかんでいました。

続いては座学です。
お名前を呼ばれて、大きい声で「はーい!」とお返事できる他の生徒さん。娘は、みんなに注目されると、恥ずかしくなり声が出せなくなってしまいます。
今日は写真の動物スポンジパズルを使って、いろいろな遊び方を体験します。

自分で型から動物を抜き、「これは何の動物?」「なんて鳴くのかな?」といろいろな質問を受けながら、
「一列に並べてみましょう」という先生の指示のもと、活動します。
並べた後も、「1番前の動物は何?」「この動物を、この動物の上に置いてみましょうか?」など様々な角度で、
先生が子供たちとコミュニケーションを取ってくださいます。
隣の子が、娘のキリンと自分のキリンをくっつけて「ちゅっ」としていました。可愛い♡
先生もその光景を見逃さずに拾ってくださいました。

動物を元の位置にはめ戻したら、1匹に1つずつ、ごはんをあげます!
「1つに対して1個」という概念も子供には新しく、刺激になります。

このように、生徒の進捗を見ながら決して急ぎ足ではなく、しかし濃厚な1時間を過ごすことができました。
とても優しくて温かく、テキパキとしたベテランの先生。ごはんとDVD以外、椅子に5分座っていることも難しい娘が、
みんなと一緒に座って、カリキュラムに一生懸命取り組んでいる姿は、親としてもビックリ!感動的でした。
今後は、子供たちの様子を見ながら、次第に親子分離型授業へと導いていくようです。

今回体験に行かせて頂いた
「講談社こども教室 東雲教室」は300名以上が通うマンモス校!
お教室は4月と10月の開校ですが、入会は随時受付中だそうです。
また、0~1歳向けの「ベビー知育」コースもあります。

体験はいつでも受け付けております! お子様の新たな一面を見てみたい!という方、是非一度体験してみてはいかがでしょうか。
詳しくは、こちらのページをご覧ください♪ 講談社こども教室

次回は英語教室「リトル」の体験レポートをお送りします!^^