<豊洲・東雲・有明版>

豊洲・東雲・有明エリアのスクール・習い事・体験教室や、イベント情報などを無料で掲載中!湾岸エリアの情報満載!

  1. ローカリングTOPページ
  2. 体験・お出かけレポート
  3. そなエリア東京 防災体験学習施設

そなエリア東京 防災体験学習施設で
東京直下72h TOURを体験!
&そなエリア東京BBQガーデン


こんにちは!東雲在住の、コトイチです。
今回は、娘(小学3年生)と一緒に有明の東京臨海広域防災公園にある「そなエリア東京」で
防災体験学習&バーベキューにやってきました!

東京臨海広域防災公園は、首都直下地震等の大規模な災害発生時に、被災情報のとりまとめや災害応急対策の調整を行う
「緊急災害現地対策本部」等が置かれる防災拠点施設です。
東京臨海広域防災公園内にある「防災体験学習施設(そなエリア東京)」では、さまざまな体験・学習・訓練を通じて、
防災への関心を高めてもらうように、地震発生後 72時間の生存力をつける、体験学習ツアー「東京直下72h TOUR」の
体験ができます。(誰でも無料で体験できるんです!)

ちなみに、「そなエリア東京」は「そなえる+エリア」の造語で「ここでの体験と学習を通じて、“災害をイメージする力”と
“対応力”を身につけることで、災害への備えにつながる場所」を意味しています。

まずは娘と二人で「東京直下72h TOUR」に参加してきました!

この体験ツアーは、マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震の発生から避難までを体験し、タブレット端末を使って
クイズに答えながら生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習ツアーです。
72h(72時間)と言う時間は、大地震がおきてから国や自治体の支援体制が十分に整うまでの期間でその目安は3日間(72時間)と言われています。
その間、自力で生き残らなければなりません!しかも、30年以内にマグニチュード7クラスの地震が起こる確率は、70%もあるそうです!

まずは、受付でタブレット端末を受け取ります。

そして、エレベーターの前に、ツアーはここからスタートします。
タブレットの画面をタッチして、最初のクイズです。
「エレベーターの中で地震にあったらどうする?」と言う質問。
答えは、これから体験する方もいらっしゃると思うのでナイショです^^;

エレベータの上にあるマークをタブレットで読み取ると、画面にそなエリアのマークが現れました。
これがAR体験で、これから先、様々な危険箇所でマークを読み取ると画像や動画が現れます。
タブレットの使い方を習って、いざエレベータの中に!

ここは駅ビルで、エレベーターの下降中に震度7の地震が発生して、床が振動して、エレベーターが緊急停止します。
電気の消えたエレベーター内、しばらくすると、エレベーターが開き、非常灯のみ点灯した暗い廊下を歩き、
非常口灯を頼りに出口に向かいます。
娘は、エレベーターが止まった瞬間から「怖い!怖い!」連発^^;
駅ビルから出ると、地震で崩壊した東京の街並みが広がっています。
街は停電して、薄暗く、奥では火災が発生しています。ビルや電柱が傾いていて、木造の一軒家は完全に倒壊しています。

奥に進みながら、ポイントポイントでクイズに挑戦します。
倒壊した木造家屋の中からは、助けを呼ぶ人の声が聞こえます。出題場所を示した地図に従って近寄ると、この場合の対応がクイズとして出題されます。
他にも、AR体験で地震後の隆起するマンホールの様子や、被災したコンビニエンスストアのリアルな様子などが再現されています。

また、建物などの内部もガラス張りで見ることができ、家具やテレビなどを固定してある部屋と固定していない部屋を
見比べることができます。家具を固定していない部屋は大きな食器棚やタンスが倒れていて、
もし、部屋にいたとしたら、助からないだろうなと感じました。
家具やテレビの固定ってすごく大切なことなんだと痛感しました。

出題された5問のクイズに答えて、クイズの答えはポイントで表示されます。
娘はポイント80でした^^; 微妙…
そのあと、映像ホールで約5分間、首都直下地震のCGイメージ映像と振動台実験の映像を見ることができます。

被災した街から抜けると、12時間後の避難場所が再現された空間に出ました。
ここでは様々な災害時に必要になものが展示されています。被災した場合、この空間でしばらく生活するのだと思うと
どんなものが必要なのか?普段、どんなものを備えておけばいいのか?がわかってきます。
展示パネルの中に、公園のベンチがあったのですが、これは、災害時にかまどになり、活躍するそうです。
普段、公園で見かけているベンチにそんな機能があるなんて驚きました。

「東京直下72h TOUR」はここで終了。
2階は防災学習ゾーンで、ここでも詳しい地震の仕組みや災害マップ、被害想定など様々な切り口から防災を学ぶことができます。

いろいろと学ぶことも多く、防災への意識も変わりました。
災害が起こってからでは遅いこと、普段から知識も含めて備えることによって、大事な家族の命を守ることができるんだなと…
子供に学ばせるつもりでやってきましたが、これは、未来のある子供たちを守るために大人が意識することだなと痛感しました。

「そなエリア東京」の開館時間は午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)。
「東京直下72hTOUR」は、予約なしでも参加できます。
月曜日は休館(月曜日が祝日の時は、翌日が休館)。
りんかい線国際展示場駅より徒歩4分。ゆりかもめ有明駅より徒歩2分。
是非一度体験してみてください。
詳しくは、こちらのページをご覧ください♪ 防災体験学習 そなエリア東京

防災体験の後は、
東京臨海広域防災公園 そなエリア東京
バーベキューガーデン

防災体験の後は、開放的な園内で、手ぶらでバーベキューが楽しめるのです!
テーブル・イス・コンロセット・その他必要ツールが揃って、大人 1,030円(1名)、小学生 520円(1名)のレンタル利用料だけでOKの、
大変リーズナブルなバーベキュー場です。
食材セット(別途)を事前に予約しておけば、買い出しにいく必要もありません!
今回は、会社のメンバーと20名ほどでバーベキューを楽しんできました。

公園内なので、娘は、水鉄砲を持って、走り回って遊んでました。
会社のメンバーも子供達とフリスビーをしたり、まったりビール飲んだりと、ゆっくりできたようです。

営業時間
3月~11月 1部 9:30~12:30(3時間) 2部 13:30~16:30(3時間)
12月~2月は11:00~15:00(1部制/4時間)で営業しています。
詳しくは、こちらのページをご覧ください♪ そなエリア東京BBQガーデン
詳しくは、こちらのページをご覧ください♪ そなエリア東京BBQガーデン