<豊洲・東雲・有明版>

豊洲・東雲・有明エリアのスクール・習い事・体験教室や、イベント情報などを無料で掲載中!湾岸エリアの情報満載!

  1. ローカリングTOPページ
  2. 体験・お出かけレポート
  3. 子供・赤ちゃん連れのママにおすすめのカフェスポット

子供・赤ちゃん連れのママにおすすめの
豊洲カフェスポット特集


こんにちは!豊洲在住、ローカルレポーターのけいこです。
豊洲には、アーバンドック ららぽーと豊洲、キッザニア東京など、ファミリーで楽しめるスポットがたくさん。
今回は、子ども・赤ちゃん連れのママにおすすめのカフェスポットをレポートしていきたいと思います!

豊洲のケーキ屋さん「パティスリー SAKURA」
豊洲駅から歩いて1分、地元に愛されるケーキ屋さんと言えばパティスリー SAKURAです。
その2階がカフェになっていて、1階でケーキを選んで、2階で食べるスタイル。
店内には子どものテンションがあがりそうな木馬が飾ってあり、ファンシーで明るい印象です。
一方2階のカフェは、しっとりした雰囲気で、ティータイムを落ち着いて過ごせる空間です。

目を引くピンクの外装

1F エレベーターがあるので、ベビーカーも2Fカフェに行けます。

2階 SAKURAカフェ ベンチシート席あり。トイレにはおむつ交換台あり。

ケーキは1カ月ないし2カ月毎に新メニューが登場します。2016年7月現在、ママ達に人気のケーキは「バカンス」。
ひまわりの蜂蜜を使ったムースで、トロピカルフルーツクリームがアクセントになっています。
蜂蜜を使っているので、ぐっと甘い!?と思いきや、そうでもなく、さっぱりした甘さでした。

バカンス 税込464円

子どもに人気のケーキは「ラテ ラッテ」。Sweeeeet!なカフェラテ風味のムースケーキで、コーヒーチョコムースが使われているそうです。
このケーキは、シェフ・パティシエ金井祐治さんが、ご自身の子どもとお茶している時に思いついたそうで、
子どもが喜ぶ顔を想い描いて作ったケーキなんだとか。

ラテ ラッテ 税込464円

パティスリー SAKURAは、描いてほしい絵をデータで持ち込むと、その絵がそのままホールケーキになるという商品があります。
息子の1歳の誕生日が3カ月後なので、オリジナルケーキを作ってあげたい!

料金や注文から受け渡しまでの期間や方法は要問合せ

シェフ・パティシエ金井祐治さんは、「安全な素材で、知り合いや子供に食べてもらっても安心なケーキ作りを行っています。
素材は、世界各地の一流品を使うなど、産地にこだわるのは当たり前。
繊細な指先の技術で、アート性も追求します。一品一品に、たくさんの愛情を込めて、豊洲に笑顔を届けていきたいです。」とおっしゃっていました。

パティスリー SAKURAについて詳細はこちら>

豊洲のオアシス「ペル・エ・メル」

豊洲駅直結、UR賃貸住宅の豊洲シエルタワー1階にあるカフェ併設のパン屋さんが「ペル・エ・メル」です。
明るい店内は、子ども連れのママやお年寄り、ビジネスパーソンまで幅広い層の方で賑わっており、豊洲のくつろぎの場、
気軽に立ち寄れるカフェとなっています。

家族連れが目立ちます。

カフェスペースの様子

パンの種類も豊富

カフェには、ドリンクが30種類くらいあり、コーヒー、紅茶の他、ラテやスムージーなどバリエーションが豊富です。
ノンカフェインコーヒーもあるので、妊婦や授乳中のママも安心!
また、こちらのお店はパティスリー SAKURAの系列店なので、SAKURAのケーキが10数種類ほど店頭に並んでおり、
パンだけでなく本格的なデザートも楽しめるのが嬉しいです。
(毎週火曜日はSAKURAが定休日なので、ケーキは置いていないそうです)。

ドリンクは300~400円前後

2016年7月現在、人気のパンは、自家製カレーパンと自家製カスタードクリームパン。
販売部広報担当の村田卓也さんは「手作りにこだわり、できるかぎり無添加な素材をつかっています。自家製クリームパンは、奥久慈卵をつかっているので、
卵の風味が強い一品です。自家製カレーパンは牛筋肉を使ったカレーなので、肉感・具材感のあるパン。
ペル・エ・メルは安心、安全、リーズナブルなパン作りをしています。」とおっしゃっていました。

新作のパンは、月に1度くらいのペースで登場していて、今のオススメは「韃靼ソバ粉のフォカッチャ」(183円)だそう。
靼そばの独特な苦みがうっすら感じられる、モチモチなフォカッチャでした!
ちなみに、販売パンでファミリーに人気なのは
「北海道小麦の食パン」(291円/1斤 145円/ハーフ)と「キャロットブレッド」(410円/1斤 205円/ハーフ)。
「北海道小麦の食パン」は、弾力がありながらも、ふわっと感もあり、小麦の風味が美味しいパンです。
「キャロットブレッド」は、人参の嫌な臭さがなく、野菜嫌いの子どもでも食べられそうです。

今年の10月で10周年を迎える同店は、今後記念イベントも予定しているそう!

ペル・エ・メルについて詳細はこちら>

手作り製法にこだわるパンや「BELLBE(ベルベ)豊洲店」

「BELLBE豊洲店」は、豊洲駅から歩いて1分、豊洲フロントの1階にあるカフェ併設のパンやさんです。
営業時間は7:30~20:30。早朝からオープンしているので、おでかけ前に外で朝ごはんを食べたい時によく利用しています。
また、パンやサンドイッチを500円以上買うと、ホットコーヒーが1杯サービスで頂けてちょっと得した気分に!
お買い物ついでにさくっと休憩するのに丁度いいお店です。Tポイントが貯まるのも嬉しい!

1C出口からすぐ。豊洲北小学校側です

入って左手が厨房、中央がパンの販売、右手がカフェスペース

テーブル席の他、ベンチシート席もあります

ドリンクはコーヒー(アイス、ホット)か紅茶(アイス、ホット)と種類は少ないのですが、紙パックのソフトドリンクを販売しているので、
小休憩している子ども連れのファミリーが目立ちます。
2016年7月現在、ママに人気のパンは「チアシードクランベリー」。
健康志向の強い方や、豊洲フロントのオフィスワーカーにも愛食されており、クランベリーがほんのり甘酸っぱい優しいパンです。
定番の「カレーパン」も人気だとか。カレーの具が大きく、ゴロゴロしていて、食べ応え抜群です!

チアシードクランベリー 120円

BELLBE豊洲店 店長の平出諭規典さんは、「当店は、オールスクラッチ製法(冷凍生地を仕入れて成形・焼成するのではなく、粉の練り上げ・生地作りから
焼き上げまでの工程を一貫して行う製法)を採用していて、手作りにこだわっています。」とのこと。
さらに、毎週火曜日は、お買い得感謝の日ということで、パン、サンドイッチ、ケーキがレジにて10%OFF、さらにTポイントも3倍になるそう!

BELLBE豊洲店について詳細はこちら>

ハワイ料理が堪能できるアロハカフェ カウカウ 豊洲店

アロハカフェ カウカウ豊洲店は、豊洲駅に直結している豊洲センタービルの地下1階にあります。
豊洲エリアでハワイアン料理やスイーツを堪能できる、数少ないお店の一つ。アロハ~なBGMが流れていて、のんびりできる店内です。
営業時間は、11:30~23:30までで、カフェタイムは14:00~17:00。60テーブルあるので、カフェタイムに大人数で押しかけても大丈夫なのが魅力的です。
週末になると、打ち上げなどパーティでの貸し切りが多く、ママ達の場合だと、幼稚園の謝恩会などでの利用が多いそうです。
同店にキッズメニューはありませんが、団体での申込み時は、事前に相談するとアレンジしてもらえます。

豊洲駅直結なので雨の日も安心!

ランチタイムはビュッフェスタイルで混雑。抱っこ紐はOKですが、ベビーカーの入店はできないそうです

全体的なメニューは半年に1度、がらりと変わります。アロハカフェ カウカウ豊洲店の運営会社は、ハワイオワフ島に本社がある
ガーリックシュリンプ専門店を日本国内で2店舗運営しているため、オワフの現地情報を元に、旬なハワイ料理をメニューに取り入れているそうです。
2016年7月現在、カフェタイムで人気なのがアサイーボウル、フレンチトーストやロコモコ。アサイーボウルはハワイで人気に火がついたデザートです。
こちらのお店では、豆乳を使ってピュレ状にしたアサイーの上にバナナやイチゴ、グラノーラがのっています。
わたしは初めてアサイーボウルを食べたのですが、美容や健康が気になる女性の方に特にオススメなスイーツでした!

アサイーボウル 780円

テイクアウトのロコモコボウル 750円

アロハカフェ カウカウ豊洲店責任者の國分真彦さんは、「豊洲は、これから豊洲市場ができたり、オリンピックがあったり、
どんどん進化していく街です。私たちも、お客様が来店される度に、新しいハワイ料理を提供し、新しいことにチャレンジして進化していきたいと思います。」
とおっしゃっていました。今後は、店内でハワイにまつわるワークショップも検討されているそう!
子どもと参加できるようなワークショップが開催されるのを期待しています。

アロハカフェ カウカウ豊洲店について詳細はこちら>

自家焙煎コーヒー が100円!コーヒー・サンドイッチカフェR.O.STAR 豊洲フロント店

R.O.STAR 豊洲フロント店は、豊洲駅C1出口より徒歩10秒のところにある、コーヒーとサンドイッチの専門店です。
自家焙煎コーヒー が100円(税抜き、レギュラーサイズ)と、とってもリーズナブルなので、ヘビーリピートしているカフェです。
肝心のお味は、100円コーヒーだからって、あなどってはいけません!笑 深めのしっかりとしたブレンドコーヒーで、飲みごたえはバッチリです。
株式会社ロースター大久保博通取締役は「コーヒー豆は乾物ですので1年もちます。しかし、ロースターでは、新鮮で、風味豊かなコーヒーを提供したいので、
コーヒー豆を生鮮食品と同じようにみていて、風味が損なわれない概ね2週間以内に飲んでもらうよう、焙煎した日付をいれて管理、販売しています。」
とおっしゃっていました。
100円で提供できる秘密は、自家焙煎工場をもっていることや、付属でサービスされるガムシロップやミルク、テイクアウトの袋など別料金にして、
コーヒーに余分な価格が上乗せされないようになっているからなのだそうです。

新木場の自家製焙煎工場で丁寧に焙煎

新鮮なコーヒーを提供すべく全ての豆に焙煎日を明記。販売用の焙煎豆はBestブレンドが一番人気。

同店はサンドイッチ専門店なので、サンドイッチももちろんオススメです。2016年8月現在、7種類あるサンドイッチの内、
ベーコン・エッグ(298円+税金)が一番人気。サンドイッチを注文する方の7割がこちらをオーダーされるというから驚きです。
バンズからはみ出るくらいの厚手のベーコンがしっかり焼いてあり、オムレツのような卵がはさまっていて、野菜もボリュームたっぷり!
パンもホカホカで、また食べたいと思ってしまいます。
この他、ママに人気なのは、アボガド・ベジー(338円+税金)やバジルチーズ・チキン(398円+税金)など。

サンドイッチは鉄板をつかって、ひとつひとつ焼きあげています

R.O.STAR 豊洲フロント店は7:00-20:00まで営業していて、ファミリーやビジネスパーソン、お一人様など客足が絶えないお店です。
私の場合、スーパーの帰りに気分転換を兼ねて、お気に入りのカフェオレを飲みに寄ることが多いです。
店内にはベビーチェアがあり、キッズ向けのドリンクがオレンジ、リンゴ、ミルク(すべて100円+税)もあるので、
のんびりくつろいでいるママを多く見かけます。

アメリカ西海岸をイメージしてつくられた店内

ベビーチェアあり!

新商品の水だしグリーンティ(レギュラーサイズ100円+税)はガムシロップとレモンを入れると美味!

店内には、プリンやコーヒー・ソフト、フルーツのヴェールなどのスイーツがありますが、今後、焼菓子を充実するよう検討しているそうです。
コーヒーやサンドイッチ同様、おいしくてリーズナブルな商品が登場するのではないかと期待しています。

R.O.STAR 豊洲フロント店について詳細はこちら>